TOP > 資格を探す > 不動産 > 宅地建物取引主任者(宅建)

宅地建物取引主任者(宅建)

受験資格 なし
試験内容 宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、次の7科目の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置いている
[学科]
四肢択一式で、出題数は50問。解答はマークシート方式により(2時間)
①土地の形質、地積、地目、種別、および建物の形質、構造、および種別に関する知識
②土地および建物についての権利および権利の変動に関する法令知識
③土地および建物についての法令上の制限に関する知識
④土地および建物についての税に関する法令知識
⑤宅地および建物の需給に関する法令、および実務知識
⑥宅地および建物の価格の評定に関する知識
⑦宅地建物取引業法、および同法の関係法令に関する知識
※出題の根拠となる法令は、受験年度4月1日現在施行されているものである。
試験は、全国都道府県ごとに同一の問題で、同時に実施される。原則として、住所地で実施される試験以外は受験できない
試験期日 例年10月の第3日曜日
試験料 7,000円
合格率 17.9%
問い合わせ先 03-3435-8181
| 資格の王様 | 資格を探す | PCスクールを探す | 人気資格ランキング | 稼げる資格 | 稼げる仕事 |