TOP > 資格を探す > コンピューター > マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリスト

受験資格 なし(試験当日に小学生以下は保護者の同意が必要)
試験内容 Officeのアプリケーションを使い、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判定する。すべてのパソコンを使った実技試験で、結果は試験終了後に画面上ですぐに確認できる
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)には、【Office 2003】【Office XP】【Office 2007】の3つのバージョンがある。
試験科目は①Word、②Excel、③PowerPoint、④Acccess、⑤Outlook、⑥Windows Vista(Office2007のみ)の6科目で、1科目ごとに受験する

試験時間:各科目50分

【Office 2003】【Office XP】対象の試験の①Wordと②Excelには、スペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)の2種類のレベルがある

[スペシャリストレベル]
基本的な機能を効率よく利用し、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更・印刷などの作業ができる

[エキスパートレベル]
基本的な機能を十分理解したうえで、用途や目的に応じて環境設定・データの有効活用などの高度な機能を駆使した作業ができる

【Office2007】対象の試験は、2007Microsoft Office systemやWindowsVistaのオペレーティングシステム(OS)についての利用スキルを認定する
※合格者には世界共通の『合格認定書』が発行される
試験期日 全国一斉試験:毎月1~2回(原則として第1・3日曜日)
随時試験:試験実施会場が認定する任意の日
試験料 【Office2003・OfficeXP】
[スペシャリストレベル]1科目10,290円
[エキスパートレベル]1科目12,390円

【Office2007】1科目12,390円
合格率 非公開
問い合わせ先 03-5293-1881
| 資格の王様 | 人気資格ランキング | 年収ランキング | 資格を探す | PCスクールを探す | 資格の勉強方法 |